新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

九州で記録的な豪雨、気象庁が注意喚起!24時間で300ミリ超えの場所も!関東や東海も大雨予想


九州地方を中心に猛烈な大雨が観測されています。

九州地方では宮崎県えびの市えびので24時間の雨量が300ミリを突破し、各地で今年の最多雨量の報告が相次いでいました。激しい大雨の影響から地盤が緩んでいる場所が多く、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水などに注意を呼び掛けています。

梅雨前線の影響で九州地方から関東地方の広い範囲で雨が降っており、東海地方や関東地方、伊豆諸島だと今夜遅くまで大気が不安定な状態が続く見通しです。

場所によってはバケツを引っくり返したかのような豪雨となる恐れもあるほどで、明日朝までは各地で大雨や水害に注意しておきましょう。
*九州地方だと鉄道などが一部でストップも

 

気象庁 天気
https://www.jma.go.jp/jma/index.html

九州~関東 非常に激しい雨のおそれ 土砂災害など警戒を
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200628/k10012486821000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

梅雨前線の影響で九州南部で非常に激しい雨が降っています。28日昼前にかけては九州から関東の各地で激しい雨が降って、局地的には非常に激しく降るおそれがあり、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するよう呼びかけています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!