新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

福岡・佐賀・長崎で記録的な大豪雨、大雨特別警報が継続中!計130万人に避難指示 四国や中部でも警報!


先日からの大豪雨で福岡県と佐賀県、それに長崎県の3県で大雨特別警報が発令されています。
気象庁によると、この3県の雨量は1時間で100ミリを超える瞬間があったほどで、7月8日朝までの24時間に250ミリほどの雨が降り続ける恐れがあるとのことです。
連日からの大雨で九州地方は全体が危険な状態となっており、合計で約130万人に避難指示が発令されました。

2日前に記録的な大豪雨で被害を受けた熊本県でも13市町村の約27万人に避難指示が出され、依然として不安定な天候が続いています。

また、大雨は九州地方だけではなく、四国地方や近畿地方、東海地方、中部地方にも襲来し、岐阜県や長野県、静岡県などにも土砂災害警戒情報が発表されました。
今後も西日本から東日本の広い範囲が巨大な前線に覆われる見通しで、9日朝までは大雨が続くことになるでしょう。

 

気象庁 気象特別警報発表中
http://www.jma.go.jp/jp/warn/

福岡県・佐賀県・長崎県に「大雨特別警報」最大級の警戒を
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200706/k10012499381000.html

活発な前線の影響で、この時間、九州北部に再び発達した雨雲が流れ込み、局地的に猛烈な雨が降っています。
6日、記録的な大雨となった福岡県と佐賀県、長崎県では、川の氾濫や土砂災害の危険性が極めて高い状態が続き、気象庁は3県のいずれも複数の市や町に大雨の特別警報を発表しています。

九州大雨130万人に避難指示…熊本で60集落孤立、土砂災害40か所で発生
https://news.yahoo.co.jp/articles/269ac5349308014072d3d6dd11d0576f93e9a453

九州南部を襲った豪雨で、熊本県は6日、浸水した同県球磨(くま)村の特別養護老人ホーム「千寿園」で心肺停止で見つかった入所者14人の死亡を確認したと発表した。同日午後9時現在、同県での死者は49人、心肺停止は1人、行方不明は11人となっている。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!