新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

菅官房長官の発言に小池都知事が怒り!GoToキャンペーンに皮肉も 都知事「これは国の問題だ」


*東京都
7月11日に菅官房長官が講演会で「新型コロナウイルスの再拡大は圧倒的に東京問題」と発言した件で、小池都知事が反論のコメントを出しました。

13日の記者会見で小池都知事は政府が推進しているGoToキャンペーンにも触れて、「病気などで体調不良の方は都外へお出かけにならないでください、ということは伝えているが、無症状の感染者も出ている中で、どう仕切りをつけるのか。これは国の問題だ」と発言。
新型コロナウイルスの再拡大は国の問題だとした上で、国の放心が中途半端で分かり難いとも指摘していました。

国と東京都がお互いに責任を押し付け合っているような形だと言え、国民からは呆れ気味の声が相次いでいます。
ただ、GoToキャンペーンを始めとして、新型コロナウイルス封じ込めよりも経済優先を決定したのは政府なので、責任の重さだと政府のほうが圧倒的に上です。国全体としての方針も曖昧な状態が続き、このままだと新型コロナウイルスの感染者数は水面下でドンドン増えることになるでしょう。

 

「圧倒的に東京問題」の菅氏に小池氏反論 「国の問題」
https://news.yahoo.co.jp/articles/30ec44b69e37b4ae6f9e3e264d5ff1f147fc7557

 小池百合子都知事は13日、政府が消費を促すために予定している「Go To キャンペーン」に触れ、「病気などで体調不良の方は都外へお出かけにならないでください、ということは伝えているが、無症状の感染者も出ている中で、どう仕切りをつけるのか。これは国の問題だ」と述べた。

報道陣の取材に答えた。菅義偉官房長官が11日、新型コロナウイルスの感染者が増えている東京都について、「圧倒的に東京問題」と発言したことを受けたものだ。小池氏は「逆に言えば、圧倒的に検査数が多いのが東京だ」とも話した。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!