新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

アメリカがテキサス州の中国総領事館に閉鎖命令!中国側は重要書類を燃やして証拠隠滅! 米中対立が激化


7月22日にアメリカ政府はテキサス州ヒューストンにある中国総領事館に閉鎖命令を出しました。

AFPによると、アメリカ政府は閉鎖の理由について「知的財産と国民の個人情報を保護するため」と説明しており、中国側が総領事館を通してアメリカの内政に介入していた疑惑があると指摘。
この閉鎖命令を受けて中国側は総領事館の重要書類を一斉に廃棄し、命令が出た日の夜に書類を燃やしていました。

背景には中国のハック攻撃や香港問題、米中貿易戦争などがあると見られ、総領事館の閉鎖に踏み切ったアメリカ政府はかなり踏み込んだ対応をしたと言えるでしょう。

中国政府は「理不尽で不当な行為」として猛反発している状態で、この閉鎖命令で米中関係がさらに悪化することになりそうです。

 

米、中国総領事館に閉鎖命令 「知的財産保護のため」と説明
https://www.afpbb.com/articles/-/3295215?act=all

【7月22日 AFP】(更新、写真追加)米国が中国に対し、テキサス州ヒューストン(Houston)にある総領事館の閉鎖命令を出したと、中国政府が22日、発表した。これについて米側は、米国の知的財産と国民の個人情報を保護するためと説明した。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!