新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

立憲民主党が内閣不信任案の提出を検討か!国会正常化は見通せず 麻生氏の辞任で与野党対立

立憲民主党の枝野幸男代表が内閣不信任案の提出も視野に入れていると明かしました。4月22日の記者会見で枝野代表は内閣不信任案について、「最も効果的な局面で使わなければならない。まずは全貌解明を求めていく」と述べ、場合によっては提出する可能性があるとコメントしています。

国会の運営を巡っては与党が麻生太郎財務相の辞任や柳瀬元首相秘書官らの証人喚問を拒否したことで、野党は国会審議への参加を拒否すると表明。今も国会は正常化しておらず、与党と野党の駆け引きが続いています。

週明けの国会は引き続き与野党の交渉が続くと見られ、その間は重要法案の審議もストップ状態になりそうです。

 

枝野立憲代表、内閣不信任案を検討
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018042200439&g=pol

 立憲民主党の枝野幸男代表は22日、森友・加計学園問題など安倍政権の一連の不祥事や疑惑を受け、内閣不信任決議案提出を検討する考えを明らかにした。ただ、提出時期については「最も効果的な局面で使わなければならない。まずは全貌解明を求めていく」と述べるにとどめた。松山市内で記者団の質問に答えた。(2018/04/22-19:40)

麻生氏進退で応酬続く 元首相秘書官喚問も焦点 国会正常化見通せず
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29700260S8A420C1PE8000/

 国会は、福田淳一財務事務次官のセクハラ疑惑や加計学園問題を巡る与野党の激しい応酬で不正常な状態が続きそうだ。野党が迫る麻生太郎副総理兼財務相の引責辞任や、柳瀬唯夫元首相秘書官の証人喚問の可否が焦点。政府、与党は、野党の欠席戦術を批判し、審議強行も辞さない構え。国会正常化の見通しは立っていない。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!