新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

WHOのテドロス事務局長「新型コロナウイルスは2年以内に収束可能」⇒2年後には北京五輪


*WHO
WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長が新型コロナウイルスの収束は2年程度で可能とする見解を示しました。

8月21日にテドロス事務局長は記者会見を開き、その中で「新型コロナウイルスの世界的大流行は2年以内に収束することが可能だ」と述べ、1918年に大流行したスペイン風邪と同じくらいか、それよりも短い期間で抑えることが出来るだろうと言及。
世界が団結すれば優れた技術と能力で、昔の感染症よりも短期間で収束が期待出来るとまとめ、各国に収束への努力を要請しました。

この2年後という期間は2022年に予定されている北京五輪の存在が大きいと見られ、WHOのパトロン(資金提供者)である中国に配慮したものだと指摘されているところです。

 

コロナ、「2年未満」で収束可能 スペイン風邪より短期間―WHOhttps://www.jiji.com/jc/article?k=2020082200231

【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は21日の記者会見で、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)について、1918年から約2年間流行が続いたスペイン風邪と比較し、より短い「2年未満」で収束が可能だとの見通しを示した。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!