新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

自民党総裁選は9月15日前後で調整へ 次の首相は尻ぬぐい内閣に?任期は僅か1年だけ、総選挙も期限迫る


*官邸
自民党総裁選は9月15日前後で日程を調整していることが分かりました。
8月28日の記者会見で安倍晋三首相が正式に辞任を表明したことを受けて、自民党は9月1日にも総裁選の日程を決定し、早ければ来月15日に実施するとしています。

今回の総裁選では簡略化して党員不参加の案も検討されていますが、現時点で予定通りに通常の総裁選が行われると予想されていました。

ただ、安倍首相が残した任期は僅か1年しか無く、衆議院解散の期限も来年10月21日に迫っていることから、今度の内閣は短命で終わる可能性がありそうです。

特に衆議院解散総選挙は新型コロナウイルスと東京オリンピック中止、日本経済低迷のトリプルパンチの情勢下で行われるため、誰が首相に変わっても単独過半数を維持することは厳しいと思われます。
安倍政権が残した負債も大きく、次の首相はいわゆる尻ぬぐい内閣となるでしょう。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!