新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

第203臨時国会が開会!菅義偉首相が所信表明演説 「2050年までに脱炭素社会を実現する!」「マイナンバーカードは全国民へ」


*中継
10月26日に第203臨時国会が開会しました。
秋の臨時国会は41日間の日程で行われ、初日は天皇陛下をお迎えしての開会式や菅義偉首相の所信表明演説を実施。

所信表明演説の中で菅首相は2050年を目標とした脱炭素社会の実現を宣言し、「我が国は2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」と発言しました。いわゆるグリーン産業を推薦する方向を明確にした形で、次世代型太陽電池やカーボンリサイクルをはじめとした技術革新に政府が支援を行うと明らかにしました。

また、新型コロナウイルスに関しても、「爆発的な感染は防ぎつつ、国民の命と健康を守り抜きます。その上で、社会経済活動を再開し、経済を回復してまいります」と述べ、感染症対策と経済活動の両立が必要だと強調しています。
これはGotoキャンペーンの継続を含むとしており、引き続き現在の方針を維持することになる可能性が高そうです。

そして、菅首相が熱を入れて語っていたのはデジタル化の促進で、今後5年で自治体のシステムの統一・標準化を行うと発言していました。具体的な目処として、今後2年半のうちにマイナンバーカードを全国民に行き渡るようにすることを目指すとして、来年から保健所とマイナンバーの一体化や運転免許証のデジタル化を実施するとも語っています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!