新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

台湾に630億円規模の武器売却、トランプ政権が正式決定!新型無人機4機などを支援 中国側は猛反発


アメリカのトランプ政権が台湾に多額の武器支援を実施すると正式決定しました。

NHKの記事によると、今回の武器支援は総額で約630億円となり、その中には新型の無人機「MQ9B」4機が含まれ、合わせて別件で地上攻撃型のミサイルや対艦ミサイルなども台湾に売却したとのことです。
台湾の防衛力を引き上げるものだとして、対中政策の一環として今後も台湾支援は強化するとしていました。

中国側は台湾への武器売却に猛反発しており、米中対立の象徴的な場所として世界的に注目を集めています。

アメリカ大統領選挙の結果も今後の米中関係に大きな影響を及ぼすことになると予想され、それだけに台湾の重要性が増すことになりそうです。

 

米トランプ政権 台湾に無人機など約630億円の武器 売却決定
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201104/k10012694281000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

アメリカのトランプ政権は台湾に新たに無人機など日本円でおよそ630億円の武器を売却することを決め、議会に通知しました。トランプ政権は、このところ地上攻撃型のミサイルなど台湾への武器売却を相次いで決めていて、中国への圧力をさらに強めています。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!