新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

コロナ重症者数、第1波超えが確定的に!死者累計は2000人以上、東京都で自宅療養が720人 入院調整中も全国で激増中


*厚生労働省
新型コロナウイルスの重症者数が第一波の328人を超える見通しとなったことが分かりました。

11月21日で新型コロナウイルスの重症患者数は323人となり、22日の数字も含めるとほぼ確定で第一波の328人を突破すると予想されています。
死者数も累計だと2000人以上で、増加幅では第一波を超える勢いが持続していました。

東京都によると、11月22日までに自宅療養となった患者は720人で、入院先が見つからずに調整中に指定された患者総数も832人と増え続けています。
大阪府でも状況はほぼ同じで、吉村知事が患者の選別(トリアージ)を視野に入れていると言及するほどに、医療機関の受け入れ体制が限界寸前となっているのが実情です。

新型コロナウイルスの感染者が急増した影響から一般診療も圧迫されていることから、このまま勢いが止まらなかった場合、全国規模の医療崩壊が起きると見られ、現地の関係者からは「救急車が来られないほどに医療崩壊するかもしれない」「ちょっとした怪我でも病院のたらい回しはあり得る」などと深刻な状況を伝える声が相次いでいます。

 

コロナ重症者323人「第1波」の最悪に迫る 死者累計2000人超す
https://news.yahoo.co.jp/articles/cac263658a1e36dc24ff9775bfacea98d692af5b

新型コロナウイルスの感染再拡大に歯止めがかからず、全国の重症者数が21日時点で323人に上り、過去最多だった第1波(4月30日、328人)に迫っていることが22日、分かった。1日当たりの死者数も第1波以来の20人台に到達。国内で死亡した人は22日、累計で2千人を超え2001人となった。37都道府県では直近1週間で病床使用率が悪化しており、医療現場からは「明らかにギリギリの状況だ」との声が漏れる。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!