新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

菅義偉首相、GoTo中止を否定!「GoTo継続で経済を回していかなければ」「GoToが感染拡大の原因とのエビデンスは無い」


11月25日の国会で菅義偉首相がGoToトラベルの中止を否定しました。
衆院予算委員会の集中審議で立憲民主党の枝野幸男代表が「GoToトラベルを一旦中止するべきではないか」と質問を行ったところ、菅首相は「GoToトラベルは今日までに約4000万人がご利用しております。現実的にコロナの陽性となったのは140人であります」「まさにGoToトラベルによって地域経済を支えているというのは事実ではないでしょうか。GoToトラベルが感染拡大の主要な原因とのエビデンスは現在のところ存在しないとご承知だと思います」と述べ、引き続きGoToトラベルは継続すると強調。

枝野代表からは「感染者全員にGoToトラベルの利用をチェックしたのですか」「そもそも感染経路不明が半分くらい居ます。旅行や会食を政府が推奨し、感染が拡大するのは当たり前じゃないですか」などと質問が相次ぎましたが、最後まで菅首相の方針は変わりませんでした。

 

↓1時間27分から枝野氏と首相のやり取り

 

Gotoで「経済回さねば」 菅首相、継続に理解求める
https://www.asahi.com/articles/ASNCT3SR8NCTUTFK00G.html

25日の衆院予算委員会の集中審議で、立憲民主党の枝野幸男代表は、政府が進める「Go To キャンペーン」について「旅行に行ってください、会食に行ってくださいでは(新型コロナウイルスが)感染拡大するのは当たり前じゃないか」と指摘。菅義偉首相に「方針を変えるべきじゃないのか」と迫った。
これに対して首相は「政府の役割は国民の命と暮らしを守ることだと思う。暮らしを守らないと命も守れなくなる」と説明。「雇用、事業継続に政府としては全力で取り組んでいる。ホテルやタクシー、食材提供業者、お土産屋さんなど全国で900万人いるといわれている。そういう人たちが『Go To トラベル』で雇用を何とか維持できている」と強調した。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!