新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

大木隆生教授「97%のベッドがコロナに使われてない」菅首相「久しぶりに明るい話を聞いた」


*官邸
1月16日午後に菅義偉首相と東京慈恵会医科大学の大木隆生教授が面会を行い、新型コロナウイルス対策で意見交換を行いました。

大木隆生教授は昨年春に集団免疫を推進していたメンバーの一人であり、今回の面会でも一般の医療機関が持っている病床をコロナ用に転用するべきだと提案。

NHKの記事によると、この面会で大木教授が「医療崩壊ということばが盛んに言われているが、97%、96%のベッドがコロナに使われず、一般の医療に使われており、余力が日本にはある」「民間病院が、商売として『コロナをやりたい』と思うぐらいのインセンティブをつければ、日本の医療体制は瞬く間に強化される」と菅首相に伝えたところ、菅首相は「久しぶりに明るい話を聞いた」と返答し、大木教授の提案を前向きに受け止めたとのことです。

大木教授の話は民間病院の空いている病床を新型コロナウイルスの患者用に使うべきだとするもので、これが実行されると感染症対策が不十分な民間病院で大量の院内感染が発生すると言われています。

今回の面会でそれの実現を菅首相に提案したのだと思われ、菅首相の判断によっては日本のコロナ対応が悪い方向に激変することになりそうです。

 

菅首相 医療人材や病床確保めぐり大学教授と意見交換
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210116/k10012818571000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

新型コロナウイルス対策で、菅総理大臣は東京慈恵会医科大学の教授と面会し、医療人材や病床を確保するための方策をめぐって意見を交わしました。
菅総理大臣は16日午後、総理大臣公邸で、東京慈恵会医科大学で対コロナ院長特別補佐を務める大木隆生教授とおよそ1時間面会し、新型コロナウイルス対策をめぐって意見を交わしました。
このあと大木教授は記者団に対し、医療人材や病床を確保するためには、医療機関に十分な財政支援を行い、対応に当たる医師や看護師などの処遇を大幅に向上させるべきだと伝えたことを明らかにしました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!