新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

最新の抗体検査、東京都で陽性率が9倍に!保有率は0.91% 時間経過で抗体消失の可能性も 新型コロナウイルス


厚生労働省が日本全国で行なった新型コロナウイルスの抗体検査の結果を発表しました。

厚生労働省によると、2020年12月14日から25日の期間で東京など5都府県で住民に抗体検査を行なったところ、東京都の陽性率が0.91%となり、前回0.10%から約9倍も増加していたことが判明したとのことです。
検査対象者は東京都で3399人で、他にも大阪府0.58%(2746人)や愛知県0.54%(2960人)、福岡県0.19%(3078人)などの数字が出ていました。

昨年6月に行われた前回の抗体検査と比べて、全体的に数倍程度の上昇が見られ、確実に日本全国で新型コロナウイルスの感染者数が広がっていると言えるでしょう。

ただし、新型コロナウイルスの抗体は2~3ヶ月程度で消失してしまうとの研究調査もあることから、この値がそのまま感染者数に当てはまるとは考え難く、実際の累計感染者数はさらに多い可能性が高いです。

 

厚生労働省 抗体検査
https://www.mhlw.go.jp/content/000734482.pdf

抗体保有率、東京0.91% 新型コロナ、前回の9倍 厚労省
https://news.yahoo.co.jp/articles/d1209cfb641660255cb95f4c227275b1183c5133

厚生労働省は5日、新型コロナウイルスへの感染歴を調べる抗体検査を行った結果、東京都での陽性率(保有率)が0.91%だったと発表した。
大阪府は0.58%、愛知県0.54%などとなった。東京は昨年6月実施時の約9倍に増加した。
田村憲久厚労相は閣議後の記者会見で、「自治体でばらつきがあるが、いずれにしても1%足らずだ」と指摘。国民の多くが感染して抗体を持つ「集団免疫」が成立する状態ではなく、引き続き感染対策が必要とした。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!