新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

変異ウイルス対策で入国者数上限を1日2000人に!政府が新方針 国民「なんで入国を全面禁止にしないのか」


政府が新型コロナウイルスの変異株対策として、入国制限を強化することが分かりました。

これは3月11日に行われた自民党の会合で決められた政府方針です。
新型コロナウイルスの変異株が世界各地で流行しているとして、外国から飛行機で入国する人数の上限を1日2000人に定め、それ以上の入国は原則拒否するとしています。
毎日新聞の記事には、「2000人は外国人と海外から帰国する日本人の合計で、変異株流入を防ぐ狙いがある」と書いてあり、入国者を待機させることができる宿泊施設の維持数によっては上限を拡大する可能性もあると報じられていました。

昨年から政府は外国人の入国制限を行っていますが、新型コロナウイルスの流行が本格化した後でも条件付きで一部の入国を認めていました。
全面入国禁止を求める声も国民からは多く、変異株が昨年末から問題視されていたことを考えると、政府の対応はあまりにも遅すぎると言えるでしょう。

 

入国者数上限は1日2000人 変異株流入阻止へ 政府方針
https://mainichi.jp/articles/20210311/k00/00m/040/315000c

政府は11日の自民党の会合で、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、外国から航空機で入国する人数の上限を1日2000人に抑える方針を示した。2000人は外国人と海外から帰国する日本人の合計で、変異株流入を防ぐ狙いがある。入国者を待機させる宿泊施設が十分に確保できるまで、この水準を維持する方針だ。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!