新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

来月から大規模イベントを緩和へ 収容人数の50%以内で1万人以下 東京五輪を見据えて政府方針


政府が大規模イベントの収容定員を緩和する方向で調整していることが分かりました。
現在は大規模イベントの収容人数は最大5000人となっていますが、緊急事態宣言の解除に収容定員の50%以下か1万人以下まで緩和するとしています。

時事通信社によると、感染再拡大(リバウンド)が無ければ4月19日からイベントの収容定員を拡大する予定で、既に東京都や埼玉県、千葉県、神奈川県にも通たちを終えているとのことです。
政府は1月の緊急事態宣言から大規模イベントの人数制限を続けていましたが、夏の東京オリンピックが控えていることもあって、緩和方向に動き出したと見られています。

ただ、イベントの緩和は感染拡大を誘発する可能性が高く、イベント緩和に懸念を示す声は多いです。

 

4都県、イベント上限「1万人」に 22日から段階緩和 政府
https://news.yahoo.co.jp/articles/607105d8a623ce2bc21a4809106504074e609508

政府は、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が21日で解除される首都圏4都県の大規模イベントについて、参加人数の上限をこれまでの「最大5000人」から「最大1万人」に緩和する方針を決めた。
リバウンド(感染再拡大)がなければ、4月19日からは「収容定員の50%以内」に一段と緩める。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!