新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京五輪の訪日外国人、約10万5000人を予定 選手だけで約1万5000人 中国からも3000人規模のスタッフ


*東京五輪
夏に開催が予定されている東京オリンピック・パラリンピックで、約10万5000人の選手や関係者が来日する方向で調整を進めていることが分かりました。
この内の約1万5000人が選手となり、それ以外はメディア関係者や大会スタッフ、IOC関係者、スポンサーなどが占めていると報じられています。

中でも海外メディアが突出して多く、隣国の中国だけで3000人規模が訪日を予定中です。

現時点で訪日外国人の数を見直すとの情報はないことから、この規模を受け入れる方向で日本政府は動いていると思われます。この人数が1か所に集まるわけで、新型コロナウイルスの感染拡大や新たな変異株の持ち込みリスクが高まると予想されていますが、五輪推進派たちは簡単なウイルス対策だけで、そのまま開催を強引な形でやろうとしているのが実情です。

 

東京五輪・パラ、来日関係者を半減以下に圧縮…それでも選手と合わせて9万人超が日本にやってくる
https://news.yahoo.co.jp/articles/eb3d98f23f424c1f08e4aa1394852e0597242fdf

 東京五輪・パラリンピックで海外から来日する大会関係者の規模について、現時点で選手を除いて、延期前に想定していた18万人の半減以下となる7万8000人に圧縮できる見通しとなったことが20日、分かった。選手は変わらず1万5000人の規模だが、それでも五輪・パラの開催期間の30日間で選手と合わせて9万人を超す規模となっており、感染拡大のリスクを減らすためにも、選手以外の関係者をさらに削減する可能性もある。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!