新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京オリンピックでボランティア1万人辞退!コロナ感染への不安や大会運営に懸念 予定では約11万人が参加


*新国立競技場
東京オリンピック・パラリンピックの大会ボランティアがこれまでに1万人も辞退していることが分かりました。

これは大会組織委員会の武藤敏郎事務総長が6月2日の記者会見で明かした情報です。
当初の計画だと、約11万人のボランティアが東京オリンピックの運営を支えるとしていましたが、新型コロナウイルスへの不安などから辞退者が昨年から急増。

森喜朗前会長の女性蔑視発言などの不祥事で辞退者が加速し、6月までに約8万人のボランティアの内、1万人ほどが大会ボランティアへの不参加を伝えているとのことです。
目標計画よりも大幅にボランティア人数が減っていることについて、組織委員会は「当初の計画が簡素化され、問題ない」としていますが、今も人数が減り続けている状態で、東京オリンピックの運営開催に必要な人手を本当に確保できるかは怪しい情勢になってきています。

 

東京オリパラ ボランティア1万人辞退 「コロナ感染不安も」
https://mainichi.jp/articles/20210602/k00/00m/050/319000c

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は2日、会場案内や競技運営で大会を支える約8万人の大会ボランティアのうち、約1万人が辞退したと明らかにした。新型コロナウイルスの影響で延期された五輪の開幕まで3日で50日となるが、「大会の顔」とされるボランティアの1割超が感染の不安などから離反する事態となっている。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!