新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

日本のGDPはマイナス成長、世界では5.4%のプラス予想!韓国も年率換算プラス6.6%!コロナ対応と経済政策に失敗した日本


2021年は新型コロナウイルスのダメージから世界各国が立ち直って、全体的にはプラス成長が予想されています。

隣国の韓国では2021年1~3月期の四半期の実質GDP成長率がプラス1.6%、年率換算でプラス6.6%を記録。アメリカやヨーロッパ諸国でも大規模な財政出動やワクチン接種の影響でGDPが続々とプラスになっていました。

そのような世界経済の中で日本はマイナス1.3%(年率換算だとマイナス5.1%)で、先進国最低クラスの水準となっています。
新型コロナウイルスの長期化に加えて、財政出動の少なさから民間需要の落ち込みが長引き、日本全体で企業の設備投資が大幅に落ち込んでいました。

欧米諸国だとロックダウン(都市封鎖)のような厳しい措置とセットで、企業の売上補償や給与支援が行われていましたが、日本においてはほぼゼロです。
それが経済へのダメージを大きくしたと思われ、日本政府の経済支援不足こそがGDPマイナスの最大の要因になっていると言えるでしょう。

 

日本と韓国の「経済成長率」、ここまで差がついてしまった根本的な理由
https://news.yahoo.co.jp/articles/3e5ef3511fb08a50339ca634ed24f367ea222be8

5月18日、日本で2021年1~3月期の四半期別GDP成長率の1次速報値が公表された。実質GDPの季節調整済前期比はマイナス1.3%、年率でマイナス5.1%となり、3四半期ぶりにマイナス成長に舞い戻ってしまった。
韓国は日本より1か月近く早いタイミングで四半期GDPが公表されるが、韓国の2021年1~3月期の四半期の実質GDP成長率はプラス1.6%、年率でプラス6.6%であった。四半期GDP成長率は日本では再びマイナスに陥ったが韓国は3四半期連続のプラスとなった。四半期GDP成長率で明暗が分かれた日韓、何が明暗を分けたのか詳しくみてみよう。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!