新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

関東甲信地方が梅雨入り 平年より7日遅れ、過去10年でも一番遅く!当面は荒れ模様に 気象庁


6月14日に気象庁が関東甲信地方で梅雨入りしたと発表しました。
首都圏の梅雨入りは平年と比べて7日間遅く、過去10年間で最も遅い梅雨入りとなっています。

これからの天気を見てみると、1週間ほどは梅雨に相応しい雨模様の天気が全国的に続く見通しで、関東甲信地方は今週中頃まで不安定な天候が続きそうです。
日によっては雷を伴う激しい大雨となる可能性もあり、長時間の外出を予定している方は最新の情報に注意してください。

また、今週末に入ると梅雨前線が本州に停滞すると予想され、来週にかけて長い雨が各地で続くことになるでしょう。
いよいよ梅雨の季節が本格化することになるため、雨や湿気対策を今からしておくと良さそうです。

 

関東甲信で梅雨入り 全国的に大気不安定に 雨や落雷など注意
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210614/k10013083521000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

14日の関東甲信は、曇りや雨の天気となり、気象庁は午前11時に「関東甲信が梅雨入りしたとみられる」と発表しました。全国的に大気の状態が不安定になっていて、落雷や突風、急な激しい雨に注意が必要です。

気象庁 天気予報
https://www.jma.go.jp/bosai/map.html#5/33.876/135.996/&contents=forecast

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!