新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

JOCがネットの書き込みを監視へ 五輪選手らの誹謗中傷を防止、悪質な着込みは通報も想定


JOC(日本オリンピック委員会)がインターネット上の書き込みを監視するためのチームを設置する方向で検討していることが分かりました。

これは共同通信社が報道したもので、JOCは東京オリンピックの開催に合わせて、選手らへの誹謗中傷を防ぐとしてSNSなどを監視するためのチームを設置。ツイッター社も連携して書き込みを監視する形になり、酷い内容に関しては捜査機関への通報も想定していると報じられています。

このJOCの方針についてネット上では、「まるで監視社会」「五輪を利用して実験?」「そんなことする暇あるのか」「ネットよりもコロナ対策をしろよ」「楽そうな仕事で羨ましい」などと批判や疑問の声が噴出していました。
新型コロナウイルスの影響で問題が山積みとなっているだけに、国民監視のようなチーム設置に不満が増大した流れで、JOCに対する不信感がさらに広がっています。

 

五輪選手への誹謗中傷を監視 JOC、捜査機関へ通報も
https://news.yahoo.co.jp/articles/b47b83514d63b0bcba8abe57432a47a691cb632c?tokyo2020

日本オリンピック委員会(JOC)が7月23日に開幕する東京五輪に合わせ、選手の会員制交流サイト(SNS)などに書き込まれる誹謗中傷を監視するチームを設置することが29日、関係者への取材で分かった。初の取り組みで悪質な場合は捜査機関などへの通報も想定している。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!