新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

国会議員の所得、平均で2416万円 丸山穂高議員「ヒャッハー!!国会議員ボーナスは額面314万円っすね」


国会議員の去年1年間の所得が平均で2416万円もあることが分かりました。

NHKのまとめによると、2020年の所得は衆議院議員が2174万円で、参議院議員が2875万円となり、全体では2416万円を記録。
最も所得が多かったのは自民党・元栄太一郎参議院議員の19億1404万円で、他の議員と比べても数十倍の差がありました。

国会議員にはボーナスも支給されますが、丸山穂高議員はこれについて、「ヒャッハー!!国会議員ボーナスは額面314万円っすね。我慢をお願いしている国民への給付額はスズメの涙」とコメントし、今年は314万円もあったと報告しています。
ボーナスは給与外の扱いで、地方議員らも全員にボーナスが支給されているのが現状です。

 

国会議員 去年の所得 平均で2416万円
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210630/k10013110821000.html

衆参両院の国会議員の去年1年間の所得が、30日公開され、議員1人当たりの平均は2416万円でした。
所得公開の対象となるのは、去年1年間を通じて議員を務めた、衆参両院の国会議員合わせて702人で、ことし4月に行われた衆参の補欠選挙と参議院の再選挙で当選した議員や報告書の提出期限までに辞職した元議員などは含まれていません。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!