新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

円安と資源価格高騰でガソリン170円超の恐れ!レギュラーガソリンは約7年ぶりの高値圏 物価全般で値上げも続く


円安と資源価格高騰からガソリン価格が全国的に上昇しています

レギュラーガソリンの1リットルあたりの値段は全国平均で約7年ぶりの高値圏に突入し、場所によっては200円近い値段となっている状態です。
ここまでガソリン価格が高騰した理由は資源価格の上昇と円安です。

世界各国が経済活動を再開した影響で原油の需要が跳ね上がり、原油生産の不足と合わさって価格が高騰。
それに加えて日本は1ドルあたり113円まで円安が進行していることから、円安と資源価格高騰のダブルパンチでガソリン価格が急上昇しています。

円安と資源価格高騰はガソリン価格だけではなく、あらゆる輸入食品や資源類の値段を直撃し、日本が輸入している商品全般で値上げ傾向が強まっているところです。
こうなると庶民の暮らしを圧迫する恐れもあり、引き続き価格推移には注意が必要だと言えます。

 

「170円突破の可能性」ガソリン当面値上がりか
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2110/14/news063.html

レギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格が約7年ぶりの高値圏に突入した。ガソリンの原料となる原油の価格が高騰を続けているためだ。ガソリン価格は当面、値上がり傾向が続くとの見方が多く、車を使う家計や物流業者などの負担が膨らみかねない。

ドル円相場チャート
https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/detail/?code=USDJPY

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!