新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

トンガの大噴火、1000年に一度の規模!日本でも気圧変化を観測!2.5ヘクトパスカルの気圧の変化


*BBC
1月15日に南太平洋のトンガ近海で発生した大噴火について、噴火の規模が1000年に一度レベルの記録的な大噴火だったことが分かってきました。

トンガ近海の大噴火では日本でも衝撃波と見られる気圧の変化を観測したほどで、一時的に2.5ヘクトパスカルの気圧変化が日本各地で観測されています。
世界各国でもトンガ噴火の影響と見られる低周波音を捉えており、地球全体を揺るがすほどの大噴火となりました。

また、津波も日本やアメリカ、ニュージーランド、オーストラリアなどの各国で観測し、沿岸部に大きな被害を与えています。
今回の大噴火によって地球の気温が低下するのではないかと言われているほどで、大なり小なり日本もトンガ大噴火の絵右京を受けることになりそうです。

 

噴火「1000年に1度」規模か
https://news.nifty.com/article/world/worldall/12145-1423160/

【シドニー時事】南太平洋の島国トンガ付近の海底火山で15日に起きた噴火で、同国や周辺諸国のほか日本や米国など太平洋沿岸の広範な地域に津波が押し寄せた。トンガは通信インフラが遮断され、被害の把握や安否確認が難航。噴火した火山は昨年12月ごろから活動が活発化しており、一部の専門家は「1000年に1度」の大規模噴火との見方を示している。

トンガ大規模噴火 世界各地で気圧変化や低周波音を観測
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220116/k10013434161000.html

トンガ付近の海底火山で起きた大規模な噴火のあと、世界各地で気圧の変化や低周波音を観測したという報告が相次いでいます。
トンガからおよそ1万7000キロ離れたスイスに本部があるWMO=世界気象機関は、スイスの観測所で2.5ヘクトパスカルの気圧の変化を確認したと公式ツイッターで明らかにしました。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!