新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ワクチン2回接種後の飲み会で全員感染!2メートル以上離れた座席にアクリル板 東京都品川区の飲食店


新型コロナウイルス用のワクチンを2回接種した後に飲み会をしたところ、そのまま全員感染となった事例が発生しました。

感染が報告されたのは東京都品川区に住んでいる28歳の男性やその同僚ら2名です。
NHKの記事には今月14日に3人で飲み会を行い、それから3日後に高熱やけん怠感があったことで翌朝に医療機関でPCR検査を受け、新型コロナウイルスの感染が確定。
一緒に飲み会を行った同僚たちも全員陽性反応で、ワクチンを接種していても感染を防げないとしてこのニュースが注目を集めています。

男性らが訪問した飲食店には消毒薬が設置され、換気も行った上で、グループ同士の座席の距離は2メートル以上も離れていました。
東京都の求めている新型コロナウイルス対策を行っていたのに、ワクチン接種者らが感染したということで、新型コロナウイルスの感染力が段違いに強まっているのではないかと見られているのです。

実際に新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」はこのような感染事例が多く、ワクチン接種を完了していても、それで感染を防げたとの話はあまり聞きません。
ワクチンが重症化率を抑えているというような話はありますが、少なくともワクチン接種で感染を防ぐことは出来ないと考えておく必要がありそうです。

 

ワクチン2回接種どうし 少人数で会食も全員感染 新型コロナ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220121/k10013441891000.html

ワクチンを2回接種した人どうしで、少人数で飲みに行ったあと全員の感染が分かったケースもあります。

東京 品川区に住む28歳の男性は、今月14日に同僚2人と居酒屋に飲みに行きました。

体調の異変を感じたのは3日後の今月17日。
仕事中にけん怠感と悪寒を感じ、夜には38度7分の高熱が出ました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!