新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

オミクロンの感染拡大、死者数がデルタ株と同程度に!高齢者と未接種者に集中 「ただの風邪」は大嘘


*BBC
新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」が大流行しているアメリカで、1日あたりの死者数がデルタ株のピーク時と同じ数字になったことが分かりました。

これはBBCが報道した情報で、米ジョンズ・ホプキンス大学の調査報告として、アメリカにおける新型コロナウイルスの1日あたりの死者数が今月21日に2000人を突破したと伝えています。
昨年9月にデルタ株の流行があった時とほぼ同じ水準で、アメリカの累計死者数は87万1937人となっていました。

死者の大半は65歳以上の高齢者かワクチン未接種者で、ワクチン未接種者の死亡率は約100倍に跳ね上がっています。
一般的にデルタ株よりも弱いとされているオミクロン株ですが、その強い感染力から感染者数を大幅に増やし、感染者が多くなることで結果的に死亡者数も増加しているのです。

世界的にも同じ傾向が見られ、日本のネット上で言われているような「ただの風邪」とする説は全くの大嘘であると言えるでしょう。

 

アメリカのコロナ死者数、デルタ株流行時と同程度に 高齢者と未接種者に集中
https://www.bbc.com/japanese/60136126

アメリカで新型コロナウイルスによる1日当たりの死者数が、デルタ株の感染拡大のピーク時と同程度まで増えていることが、最新の統計で明らかになった。

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、1日当たりの死者数の7日平均は、今月21日に2000人を超過。23日も2033人となった。これは昨年9月の、デルタ株の流行のピーク時とほぼ同じだ。

死者の大半は、65歳以上の高齢者か、ワクチンを接種していない人たちとなっている。

COVID-19 CORONAVIRUS PANDEMIC
https://www.worldometers.info/coronavirus/

 


 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!