新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

5月9日の戦勝記念日にロシアが勝利宣言か?ロシア大統領報道官「近い将来の作戦終結を望む」


*BBC
5月9日の戦勝記念日に合わせて、ロシアがウクライナの戦闘で勝利宣言を出すのではないかとする情報が飛び交っています。

噂のキッカケとなっているのは、4月7日にイギリス系のメディア「スカイニュース」がペスコフ露大統領報道官に行ったインタビュー記事です。
このインタビューの中でペスコフ氏はロシア軍の作戦が近い将来に集結することを望んでいると述べ、ウクライナにおける特別軍事作戦の終了を示唆。

具体的な時期には言及しませんでしたが、5月9日にある第二次世界大戦(独ソ戦)の戦勝記念日が大きな節目になるのではないかと言われています。
5月9日の戦勝記念日はロシアの軍事イベントで最も規模が大きく、それだけにロシアが戦勝記念日を意識してウクライナの軍事行動に一区切りをつける可能性が高いです。

そうなると、4月後半から5月初めにロシア軍がウクライナ全域で総攻撃を行うと予想され、5月9日に向けて再び戦果が激しくなると見られています。

 

ロシア大統領報道官「近い将来、作戦終結望む」 英メディアに
https://mainichi.jp/articles/20220408/k00/00m/030/378000c

 ロシアによるウクライナ侵攻について、ペスコフ露大統領報道官は7日に放送された英スカイニュースのインタビューで「(露軍による)作戦が近い将来、目的を達成するか、あるいはロシアとウクライナの政府代表間の(停戦)交渉によって終結することを我々は本当に望んでいる」と語った。
タス通信によると、ペスコフ氏はこの発言の真意について8日、記者団に尋ねられ、「先が見通せる範囲の将来という話だ」と述べた。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!