ヘッドライン

地震発生時の高速道路、震度7よりも震度5の方が交通事故のリスク!震度5だとブレーキせず


地震が発生した際の高速道路で、震度7の激震よりも震度5の方が交通事故のリスクが高まることが分かりました。

報道記事によると、これは京都大学工学研究科の研究調査チームがまとめた報告で、36人にドライブシミュレーターを操作してもらい、高速道路を時速80キロで走行中に地震に見立てた揺れが起きた際のデータを集めたところ、震度5だとブレーキをしない運転手が続出したとのことです。
震度7では9割のドライバーが急ブレーキを踏んだのに対し、震度5で急ブレーキを使ったドライバーは6割に留まったと報じられています。

揺れの体感が弱い震度5の方がブレーキをせず、そのまま走り続けてしまうことが増え、結果的に事故のリスクが高まった形です。実に2倍も事故の発生確率に違いがあり、地震の揺れが弱くてもシッカリと減速やブレーキをしておくことが大切であることを示していると言えるでしょう。

 

高速道での事故は震度7より5のほうが起きやすい 京大の研究
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200116/k10012247011000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

震度7クラスよりも震度5クラスの地震が発生したときのほうが高速道路での車の事故が起きやすくなるという研究結果を京都大学のグループがまとめました。ドライブシミュレーターを使って集めた地震発生時のブレーキ操作などに関するデータを分析したもので、研究グループは事故防止のシステムの開発につなげたいとしています。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next