新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ロシア軍が東部攻勢を強める!ゼレンスキー大統領「領土を侵攻前に戻すことが交渉条件」「ドンバスとクリミア半島を取り返す」


*BBC
ウクライナの東部地域でロシア軍が攻勢を強め、複数の町を制圧したことが分かりました。

ロシア軍が攻勢を実施したのはウクライナ東部のドネツク州で、キリレンコ知事は5月24日にスビトロダルスクを含む3つの町がロシア軍に制圧されたと報告。
ドネツク州とルハンスク州の完全掌握を目指してロシア軍の勢いが強まっており、ロシア軍は3方向からウクライナ軍の包囲を狙って数キロほど前進したと伝えられています。

一方で、ウクライナ軍の抵抗も激しく、ロシア軍の侵攻作戦は初期の目標を達成出来なかったとも見られ、東部地域以外はほぼ前線が膠着しているところです。

ウクライナのゼレンスキー大統領は初めてNHKの単独インタビューに応じて、「すべてのウクライナ人にとって勝利とは、領土を取り戻すことだ。ドンバス地域とクリミア半島の両方で、われわれのすべての領土を取り戻さなければならないのは確かだ。しかし、それは犠牲を伴うだろう。まずは、2月24日以前の状態に戻したいと考えている。それから交渉のテーブルにつくつもりだ」との見解を示しました。

ロシアとの和平交渉はロシア軍が2月24日以前の場所まで戻ることが大前提だとして、その条件が認められなければ交渉すら難しいとしています。

また、最終的なウクライナの目標はクリミア半島や東部ドンバス地域の完全開放であると強調し、2014年のクリミア事変が起きる前に戻すことがウクライナの願いだと繰り返していました。

ロシアは東部地域をウクライナの弾圧から開放するとしているだけに、両国の主張には大きな相違があり、このままだとどちらかが完全勝利するまで戦争は長引くことになりそうです。

 

ゼレンスキー大統領「まずは領土を侵攻以前の状態に」 NHK単独
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220524/k10013641741000.html

ウクライナのゼレンスキー大統領は、ロシアによる軍事侵攻が始まってから3か月となった24日、日本メディアとしてはじめてNHKの単独インタビューに応じました。

この中でゼレンスキー大統領は「領土を2月24日以前の状態に戻したうえで、ロシアとの交渉のテーブルにつく」と述べ、ロシア軍が侵攻する以前の状態にまで領土を奪還しないかぎり、停戦交渉は難しいという考えを示しました。

ロシア、ウクライナ東部で総攻撃 2都市包囲目指す
https://nordot.app/901977935132639232?c=724086615123804160https://nordot.app/901977935132639232?c=724086615123804160

[キーウ(キエフ)/スラビャンスク(ウクライナ) 24日 ロイター] – ロシア軍は24日、ウクライナ東部2都市の包囲に向けて総攻撃を仕掛けた。ロシアが戦力を集中させるドンバスでの作戦の成否を左右する可能性がある。

ロシアはドンバス地方で親ロ派が権利を主張するドネツク州とルハンスク州を掌握し、ウクライナ軍を東部戦線の限られた地域に封じ込めようとしている。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!