新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

日本のEEZに中国調査船が観測機器を投入か 外務省が猛抗議!北朝鮮も弾道ミサイル6発を日本海側に発射


*防衛省
6月4日に沖縄県石垣島周囲のEEZ(排他的経済水域)で中国の海洋調査船が観測機器と思われる機材を海中に投入している様子が確認され、外務省が中国側に強く抗議したことが分かりました。

中国の調査船が活動を行っていたのは沖縄県石垣島からおよそ73キロほど北側に離れた海域で、海洋調査船「東方紅3」が何らかの大型機材を海中に投入。その様子は海上保安庁の巡視船が確認しており、これを受けて外務省は「日本の同意を得ておらず極めて遺憾だ」と中国に伝えて、調査活動の即時中止を要請したとのことです。
ロシアのウクライナ侵攻後に中国の海洋活動は活発化している傾向が見られ、このような大掛かりな海洋調査まで踏み切るのは異例だとしています。

また、その翌日には北朝鮮が少なくとも6発の弾道ミサイルを日本海側に発射し、ミサイルが北朝鮮東側の日本海に落下しました。
北朝鮮のミサイル発射は今年に入ってから17回目で、中国の海洋活動と合わせて動きが強まっている印象があるところです。
ロシアの動きに合わせて日本への圧力を強めている可能性もあり、軍事的な緊張感が少しずつ高まっていると言えるでしょう。

 

日本のEEZで中国調査船が観測機器の可能性高いもの投入を確認
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220604/k10013658021000.html

沖縄県石垣島周辺の日本のEEZ=排他的経済水域で4日、中国の海洋調査船が観測機器の可能性が高いものを海中に投入したのが確認されました。外務省は、海洋調査を行っているのであれば極めて遺憾だとして、即時に中止するよう中国側に抗議しました。

“北朝鮮弾道ミサイル 少なくとも6発 EEZ外落下推定”岸防衛相
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220605/k10013658211000.html

岸防衛大臣は、北朝鮮が5日午前、少なくとも6発の弾道ミサイルを発射したことを明らかにしました。6発は、いずれも日本のEEZ=排他的経済水域の外側に落下したと推定されるということです

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!