新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

小林嘉文市長、旧統一教会系のTシャツを着てSNS投稿 安倍元首相銃撃事件の翌日に 「PEACEROADinJAPAN」


*Yoshifumi Kobayashi
岡山県笠岡市の小林嘉文市長が自身のフェイスブックページに、旧統一教会(世界平和統一家庭連合)と関連したTシャツを着た写真を投稿していたとして物議を醸しています。

問題となっているのは7月9日に投稿された画像で、安倍晋三元首相が死亡した翌日に文鮮明が提唱した宗教行事「ピースロード」(PEACE ROAD in JAPAN)の文字が書いてある写真と合わせて、亡くなった安倍氏に向けて弔意を示していました。
普通に考えて、安倍氏の追悼文に添える画像ならば喪服で撮影するべきであり、追悼文の画像がTシャツな時点で違和感が強く、この画像は色々な意味で注目を集めています。

やはり、同じ旧統一教会系の政治家としてメッセージが込められているのだと見られ、小林市長は安倍氏と旧統一教会の関係を知っていて、あえて画像を投稿した可能性が高そうです。

 

笠岡市長、旧統一教会関連のTシャツ姿FB掲載 安倍元首相追悼文に添える
https://nordot.app/925903994018004992

市長が旧統一教会関連のTシャツ姿をSNSに投稿 岡山県笠岡市、安倍元首相銃撃事件の翌日
https://news.yahoo.co.jp/articles/09eac64592c71bb677a796bc77b035c450e0b7cb

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!