新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

最低賃金、過去最大の31円引き上げで合意!全国平均で時給961円に!国民「物価高が激しくて焼け石に水」


8月1日に政府の諮問機関である中央最低賃金審議会の小委員会が2022年度の最低賃金を全国平均で31円アップすると決定しました。
最低賃金の上げ幅は過去最大で、目安通りの改定となれば全国平均の時給は961円となります。

当初は経営陣の反発もあって協議が難航していましたが、記録的な物価高の影響も考慮して最低賃金を過去最大の上げ幅にする方向で一致。
今年10月から新たな最低賃金を適用するとして、業界団体との調整作業が続いていると報じられています。

ただ、日本だと31円のアップは過去最大ですが、諸外国と比べて賃金の上げ幅は非常に少なく、アメリカは時給2000円ほどあることを考えると日本の数字はあまりにも少ないです。
このニュースを見た多くの人たちからも「物価上昇は10%単位なんですが・・・」「値上げラッシュに比べて賃金低すぎ」「雀の涙程度しか増えていない」などと不満の声が続出。
100円単位の賃上げが世界各国で行われている中、過去最大として31円の金額を大きく取り上げている日本は賃上げが遅れている印象が強まったとも言えます。

 

最低賃金、上げ幅最大31円 時給961円、物価高騰で―厚労省審議会
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022080101031&g=soc\

 中央最低賃金審議会(厚生労働相の諮問機関)の小委員会は1日、2022年度の最低賃金の上げ幅の目安を全国加重平均で31円(3.3%)と決めた。目安通り改定されれば全国平均で時給961円となる。物価高騰を背景に、上げ幅は時給で示すようになった02年度以降で最大だった21年度(28円)を上回った。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!