新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

自民・石破茂氏が安倍首相の放送改革に疑念!「本当に民主主義にとって健全なことなのか」


自民党の石破茂元幹事長が安倍首相の掲げている放送制度改革に疑問を投げ掛けました。

4月5日に行われた石破派の会合の挨拶で石破氏は「非常に視聴率に偏り、財産のあるスポンサーが、あるいは影響力のあるスポンサーがあって、それが偏った放送をみんながやっていいということは、本当に民主主義にとって健全なことなのか。そういう論点がある気がする」と述べ、お金を持ったスポンサーによる偏見報道が発生することで民主主義の危機になる恐れがあると指摘。

更に続けて、「報道のあり方は、健全な民主主義にとって極めて大事なことだと思っていて、放送法4条の改正は慎重であるべきだ。正しい民主主義のあり方とは何なのかを議論していきたい」とも言及して、安倍首相の放送制度改革に強い疑問を投げ掛けました。

安倍首相の放送制度改革を巡っては岸田氏からも疑問の声が飛び出ており、与党内からも見送りを求める意見が相次いでいます。

 

放送法4条撤廃「民主主義にとって健全か」自民・石破氏
https://www.asahi.com/articles/ASL454QB2L45UTFK009.html

 放送法に政治的に公平であるということが、第4条に定められている。それを取っ払うという話になると、何を地上波で放送してもいいということになる。

非常に視聴率に偏り、財産のあるスポンサーが、あるいは影響力のあるスポンサーがあって、それが偏った放送をみんながやっていいということは、本当に民主主義にとって健全なことなのか。そういう論点がある気がする。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!