新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

日本会議の高田純氏、漫画監修から驚きの発言が発覚!日本人の定義や福島安全発言等など


先日に当サイトで取り上げたグランドジャンプで漫画「東京核撃」の監修を務めている日本会議北海道本部理事の高田純氏(札幌医科大学教授)ですが、それをキッカケにして様々な過去の問題発言が発覚しました。

問題発言の中でも特に注目を浴びているのは彼が言及している「日本人の定義」で、高田氏はツイッター上で「問 日本人の定義はなんでしょうか? 答 1)先祖代々、日本列島に暮らしている。2)先祖が、外国からの侵略や圧力に対して戦った。3)現在、危険国からの工作員たちと戦っている。4)単に、日本国籍があるからといっても、1、2、3に当てはまらない人間は日本人ではない」と言及。

先祖代々日本列島に暮らしているのは分かりますが、現在進行系で危険な国の工作員と戦っているという条件はただの軍隊や公安のような気がするところです。

彼の驚きの定義はまだ続き、「よく江戸っ子の定義は、東京に3代以上続く人を言います。日本人ならば、10代以上は必要でしょうか? 日章旗に背を向ける者は、日本人ではないと言い切れます。君が代斉唱も、必要条件ですね」などと江戸っ子の定義を謎理論で語っています。
3代以上の世代を指定した明確な根拠は不明な上に、日章旗に背を向けた時点で日本人では無くなる模様。

極めつけは福島原発事故に関するコメントで、こちらも「福島は広島にもチェルノブイリにもなっていません。それよりも、20km圏内や飯舘村などの農業再建にこそ力をいれるべきです」というような謎の安全宣言をしています。
既に国際的な調査機関や日本国内の原子力規制委員会も「最悪の事故」として認定しているのに、彼はチェルノブイリ以下で大したことがないとコメントしているのです。

他にも色々と突っ込みどころが満載で過激なコメントが多く、今まで彼の存在がスルーされていたことに驚きだと言えるでしょう。

関連過去記事

グランドジャンプの漫画「東京核撃」、監修が日本会議の北海道本部副理事長
http://johosokuhou.com/2018/04/07/3157/

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!