新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新燃岳で大きな噴火、高さ4500メートルの噴煙に!1ヶ月ぶりの噴火で火山灰も!


宮崎県と鹿児島県の県境にある霧島連山の新燃岳で大きな噴火が発生しました。気象庁によると、5月14日14時44分頃に噴火が発生し、高さ約4500メートルの噴煙を観測したとのことです。
新燃岳では噴火警戒レベル3が継続中で、火口から3キロ圏内を対象に警戒が呼び掛けられています。

また、この噴火によって火山灰も各地に降り注いでおり、周辺の市町村でも火山灰の報告が相次いでいました。新燃岳は今年に入ってから活動が活発化している火山で、かつては東日本大震災前にも活発化したことで知られています。

ちなみに、今回の噴火は地球観測衛星の「ひまわり8号」からも噴煙がクッキリと確認されていました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!