新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

懲戒請求騒動に参戦した橋下徹氏、早速論破される!「最高裁が断定」⇒「全く書かれていない・・・」


ネット右翼らが自分たちと異なる思想を持っている弁護士らに無差別的な懲戒請求を送っていた問題で、大阪元市長の橋下徹氏が参戦するも、その直後に論破されていたことが分かりました。

まず、橋下氏は今回の騒動について、「一般市民の懲戒請求の権利は可能な限り保障されなければならない、と最高裁が断言している」とコメントし、懲戒請求の権利は保障されていると強調。
懲戒請求を送ってきた人への反訴は一般市民に対する脅し行為だと発言しています。

しかしながら、橋下氏の発言はネットユーザーから「その最判H23.7.15には『一般市民の懲戒請求の権利』とか『可能な限り保障されなければならない』なんて全く書かれていないんだけど…」とツッコミを受け、内容がガバガバだったことが判明しました。

当事者の佐々木弁護士も「多分、補足意見を多数意見と勘違いしたんだろうな。学生などにはよくある間違いだから、橋本氏が間違うのもやむを得ないですね」などと呆れ気味にコメントするほどで、橋下氏の無駄に強気な姿勢が仇になったと言えるでしょう。

関連過去記事

懲戒請求騒動に橋下徹氏が参戦!ネット右翼を一般市民扱いで擁護!「弁護士らは言語道断」
https://johosokuhou.com/2018/05/17/4985/

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!