新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍晋三記念小学校の名前、財務局は2014年3月に把握!


5月23日に財務省が新たに公開した資料に「安倍晋三記念小学校」と書いてあった問題で、近畿財務局は2014年3月の時点で認識していたことが物議を醸しています。
この情報は前にも朝日新聞社が報道していましたが、今回の資料にも「安倍晋三記念小学校」の名前が書いてあったことで議論に発展。

与党側からデマだと指摘する声もあっただけに、「朝日新聞が事実だった」「デマ扱いした人達は謝れ」などとかつて朝日新聞の記事をデマ扱いしていた人達に不満の声が相次いでいます。

最終的に設置趣意書の校名は「開成小学校」となりましたが、一時的にしろ安倍晋三記念小学校と書いてあったのはインパクトがあるところです。

 

「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
https://mainichi.jp/articles/20180524/k00/00m/040/191000c

 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る問題で、財務省が23日に公表した交渉記録には、財務省近畿財務局と大阪府のやりとりを記録した文書も含まれていた。学園が新設を目指した小学校の名誉校長に安倍晋三首相の妻昭恵氏が就任する1年以上前の2014年3月、校名が「安倍晋三記念小学校」だったことを財務局が認識していたことを示す文書もあった。

公開資料 森友学園の交渉記録
https://cdn.mainichi.jp/item/jp/pdf/20180523moritomo.pdf

関連過去記事

「安倍晋三記念小学校」で申請していた!財務省が公開した交渉記録に記述が!
https://johosokuhou.com/2018/05/23/5406/

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!