福島第一原発二号機、建屋の壁に穴!使用済み燃料取り出しへ !最重要作業に東電も警戒

*福島第一原発作業
福島第一原発で最重要作業の一つである使用済み燃料プールに取り残された核燃料の取り出し作業が開始されます。

東京電力によると、5月28日から二号機の原子炉建屋の壁に、幅5メートル×高さ7メートルの穴を開ける作業を行うとのことです。この穴に機材を設置して、2023年を目処に核燃料を取り出すとしています。

ただ、二号機の内部はメルトダウン(炉心融解)の影響で線量が非常に高く、場所によっては致死量レベルの線量になっていました。燃料プールに保管されている核燃料の数も615本と多い状態で、作業中に大きな災害やトラブルがあれば、破損した核燃料から放射性物質が漏れることもあるでしょう。

事故から7年以上が経過していることもあり、劣化した核燃料が壊れだすリスクも懸念されているところです。

↓東電より 作業の様子


 

福島第一原子力発電所 2号機原子炉建屋西側外壁開口工事 壁解体作業を開始しました
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2018/images1/handouts_180528_14-j.pdf


 本日、2号機原子炉建屋西側外壁開口工事のうち、壁解体作業を開始しました。
 作業中における、放射性物質濃度を監視しているダストモニタや、敷地境界に設置して
あるモニタリングポストに有意な変動はありませんでした。
 6月下旬から、原子炉建屋上部解体に先立ち放射性物質の飛散抑制策等を検討するため、
オペレーティングフロア内で線量・ダスト濃度等を測定する調査を行う予定です。
<作業実績>
2018年5月28日
午前11時40分頃 飛散防止剤散布
午後0時40分頃 壁解体作業開始
午後0時58分頃 2ブロック解体完了

使用済み燃料取り出しへ 壁の穴開け開始 福島第一原発2号機
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180528/k10011455971000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

廃炉作業が進む福島第一原子力発電所2号機の使用済み燃料プールに残された核燃料の取り出しに向け、東京電力は28日から、原子炉建屋の壁に幅5メートル、高さ7メートルの穴を開ける作業を始めました。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 芋田治虫 より:

    これより超最重要の作業は排気筒の解体
    遠隔操作での高放射線量の建物を解体するようなもので超命懸けかつハイリスク
    まさに「全アジアの命運この作業に有り」の状況death

  • 安全線量の1億倍の作業、、、 より:

    8Svは8μSvの100万倍です。0.08μSvの1億倍です。(分かっとるわい!)

  • 匿名 より:

    これでも他所の国に日本の会社主導で原発を作らせようとするのですか、安倍サン?!

  • 匿名 より:

    石棺にしないのか?

  • 匿名 より:

    自分含めて国民が日大のアメフト問題に気をとられて、福島の最重要作業について報道されないし、知らなかった

    それこそ100km範囲は一般人避難させてからする作業なんじゃないか

    2年後のオリンピックの時には、原発事故自体無かったことにして世界に発信したいんだろうし、何か事故があっても隠されるかもしれない

    モニタリングポスト撤廃はその準備なんだろうな

  • 匿名 より:

    おとなしくプールに収まってる使用済み燃料の取り出しすらこの騒ぎなのに、メルトダウンしたむき出しの核燃料デブリの回収なんて本当にできるのかと・・・
     
    イギリスの市民団体からも「やらかした日本の原発は要らない」と拒否られてます。
     
    「原発輸出巡り来日した英の市民団体らが反対訴え」テレ朝news 2018/05/28
    イギリスの市民団体:「私たちは今、新しく建てられようとしている原発計画に非常に不安、懸念を持っています。福島の人たちに起きたことがウェールズの人たちに起きてほしくない