新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

財務省が森友の決裁文書を公開⇒黒塗り部分が見えて即座に削除!稲田氏の夫や二階幹事長の名前が・・・


5月23日に公開された約4000ページの森友決裁文書を巡って、重大なトラブルが起きていたことが分かりました。

報道記事によると、財務省は公開した決裁文書を僅か3時間で削除し、翌日になって再び公開したとのことです。その理由は黒塗り(マスキング)した部分が一定の操作によって閲覧が出来る状態になっていたというもので、透けて見えた黒塗り部分には稲田朋美元大臣の夫や二階幹事長の名前がありました。

このようなトラブルが発生した原因は財務省のパソコン作業で、元のデータを消さずにそのまま塗り潰したことから、残っていた隠すべきデータも一緒に公開されてしまったと見られています。
完全に財務省の大失態だと言え、その後の国会では野党から「なんで政治家の名前を隠すのか!」と政府が追及を受ける事態になりました。

公開された資料の多くには黒塗り部分があり、いずれもプライバシー保護を理由に財務省は具体的な情報を明らかにしていないところです。

ちなみに、問題の黒塗り削除バージョンはキッチリとネットユーザーたちが保管していたようで、その後に魚拓データが公開されています。

森友決裁文書 魚拓データ

 

森友4000枚文書黒塗り剥がすと、稲田元防衛相の夫や二階幹事長の名前 財務省痛恨のミス
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%E6%A3%A

財務省は23日、約4000ページにのぼる森友学園との交渉記録や改ざん前の決裁文書をホームページで公開した。ところが、約3時間後の同日夕にすべて削除。24日未明にあらためて公表した。その理由は、資料の一部について「マスキングした情報が一定の操作により閲覧し得る状態となっておりました」からだという。

もちろん、情報公開された文書をマスキングすることは、プライバシー保護などの理由があれば一定の条件のもとで認められている。だが、財務省のやり方はまずかった。

「財務省の官僚は、黒塗りのマスキングするときにパソコンで作業したのでしょう。ただ、元のデータを消さずにそのまま塗りつぶしたので、隠すべき部分がデータとして文書に残ったままになっていた。こういったミスを避けるため、紙に印刷をしてからスキャンするなどの対策をするものなのですが……」(野党関係者)

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!