新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【警戒】千葉県東方沖でスロースリップ現象を観測!東日本大震災前にも発生!地震が連発も


千葉県の東方沖で巨大地震が発生するリスクが高まっています。

今月に入ってから千葉県の東方沖では小規模な地震が頻発しており、国土地理院や防災科学技術研究所が現地調査をしたところ、GPSによる観測で地盤が南東におよそ1センチずれ動く変化が観測されたとのことです。

千葉県東方沖では海側のプレートが陸側のプレートの下に沈み込んでいる状態で、これらのプレートの境界がゆっくりとずれ動く「スロースリップ」と呼ばれる現象が観測されました。
同じような現象は東日本大震災の数週間前にも東方沖で観測されていることから、巨大地震の前兆を示している可能性があると言われています。

事実、6月12日の早朝に千葉県の東方沖でマグニチュード4.9の強い地震が発生しました。政府の地震調査委員会は「きのうの会合で指摘したとおりに地震が起きたといえる。今回は震度3だったが、今後はより揺れの大きい地震が起きる可能性もあるので、地震活動に引き続き注意してほしい」とコメントし、今後も強い地震が発生する恐れがあると注意を促しています。

 

防災科学技術研究所
http://www.hinet.bosai.go.jp/topics/press/2018/pdf/20180611_01.pdf

千葉県東方沖 地震
https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/20180612050908.html

千葉県東方沖 プレートが緩やかに動く 念のため地震に注意
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180611/k10011473201000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001


今月、小規模な地震が相次いでいる千葉県の東方沖で、地下のプレートの境界がゆっくりとずれ動く「スロースリップ」と呼ばれる現象が起きていることがわかりました。過去にはこの現象に伴い、震度4前後の揺れを観測する地震も起きていて、専門家は、念のため今後の地震活動に注意するよう呼びかけています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!