新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

南スーダンの自衛隊派遣、被弾9カ所を確認!内部資料から発覚!弾頭25発が敷地内に


2016年7月にアフリカの南スーダンに派遣された自衛隊部隊の駐屯地に対して、複数の銃撃行為があったことが内部資料に記載されていたことが分かりました。

報道された内部資料によると、7月10日から11日にかけて政府軍と反政府軍との武力衝突に巻き込まれ、自衛隊の宿営地の施設9ヶ所が被弾し、少なくとも25発の弾頭が敷地内から発見されたとのことです。
当時は「駆けつけ警護」などの実施を巡って議論が行われていた時期で、この情報は表向きには公開されていませんでした。

現地部隊は2回も耐弾化された退避コンテナに避難するも、居住性の観点から長時間の退避は厳しい状態だったと報告されています。
南スーダンの自衛隊派遣を巡っては、「自衛隊の活動エリアが安全地帯なのか?」を巡って与野党の意見が激しく衝突していましたが、今回の内部資料から事実上の戦闘地帯だったことが示されたと言えるでしょう。

 

南スーダン陸自、被弾9カ所・弾頭25発 内部文書入手
https://www.asahi.com/articles/ASL8Y7XJGL8YUTIL062.html

 南スーダンに派遣された陸上自衛隊の国連平和維持活動(PKO)部隊が2016年7月、ジュバで起きた武力衝突に遭遇した際、宿営地の施設9カ所が被弾し、小銃や機関銃の弾頭25発が敷地内から見つかっていたことが、朝日新聞が入手した陸自の内部文書でわかった。
衝突時の模様は、防衛省が17年に公開した日報で一部明らかになったが、宿営地での被害や隊員の対応についての記載はなかった。当時は安倍政権が安全保障関連法で可能になった「駆けつけ警護」などの新任務を自衛隊に付与する検討に入っていた時期。野党の反発や隊員の家族の動揺を抑えるため、事実関係が伏せられた可能性がある。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!