新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

大雨で住民1100人に避難勧告⇒実際に避難した住民はゼロ!新潟県魚沼市の豪雨


8月28日に新潟県魚沼市で豪雨対策のために避難勧告が発表されましたが、実際には全く住民が避難していなかったことが分かりました。

報道記事によると、28日の豪雨では魚沼市の住民約1100人に避難勧告が発令されるも、市が設けた避難所に避難した人は1人も居なかったとのことです。

同じく新潟県の上越市でも同日に6万1813人を対象に避難勧告が出されましたが、こちらも避難した人は584人で、その割合は0.94%だけでした。
7月の西日本豪雨でも避難した住民の割合が低いことが報道されており、避難率の低さに自治体も頭を悩ませているところです。

特に近年の豪雨災害では予想以上の大雨や暴風が吹き荒れることも多いため、早めに避難しておくことがとても大切だと言えるでしょう。

 

大雨で1100人に避難勧告 実際に避難した人おらず 新潟 魚沼
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180829/k10011598621000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

28日の大雨により、新潟県魚沼市で1100人に避難勧告が出されましたが、実際に避難した人は1人もいなかったことがわかり、市は避難の呼びかけ方法について、改善を検討することにしています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!