新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

プーチン大統領、安倍晋三首相に年内の日ロ平和条約締結を提案!北方領土問題は棚上げで

*官邸
先日の日露首脳会談でロシアのプーチン大統領が日露平和条約の締結を最優先とするように要請していたことが分かりました。

報道記事によると、プーチン大統領は安倍晋三首相に対して、今年末までに「前提条件なし」でロシアと日本が平和条約を締結するよう日本側に提案したとのことです。
日本政府は北方領土問題の解決を平和条約締結の前提条件としていただけに、この要求はかなり大きな内容だと言えます。

背景には長引く交渉とロシア国内でプーチン大統領への反発が強まっていることもあると見られ、同時に北方領土問題を棚上げにすることで日本への返還は行わないようにする狙いがありそうです。
安倍首相は返答を保留しているようで、日本の回答次第では外交情勢に大きな変化を与えることになるでしょう。

 

プーチン大統領、日ロ平和条約締結を提案 年末までに「前提条件なし」でhttp://www.afpbb.com/articles/-/3189370

【9月12日 AFP】(写真追加)ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は12日、長年の懸案となっている領土問題を解決すべく、今年末までに「前提条件なし」でロシアと日本が平和条約を締結するよう日本側に提案した。
プーチン大統領は、同国東部ウラジオストク(Vladivostok)で開催中の「東方経済フォーラム(Eastern Economic Forum)」で、安倍晋三(Shinzo Abe)首相をはじめとする各国の首脳が出席する中、「年末までに前提条件なしで平和条約を結ぼう」と呼び掛けた。(c)AFP

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!