新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ヘイトスピーチや性的マイノリティーへの差別にNO!都独自の条例案が成立へ 全国でも初

*都議会
2020年の東京オリンピックに合わせて、東京都が独自の差別禁止条例案を可決する見通しになりました。この条例案はあらゆる差別を認めないオリンピック憲章の理念に合わせて提案されたもので、ヘイトスピーチを繰り返すような団体には都の施設の利用を制限することなどが盛り込まれています。

10月3日に都議会で条例案の審議が行われ、その中で自民党からは「不当な差別についての十分な定義がなく、拙速に制定すべきではない」などと反対意見が出てきましたが、自民党以外の全会派が条例案に賛同したことで可決・成立が決まりました。

性的マイノリティーやヘイトスピーチに焦点をあてた都道府県の条例の制定は初で、ネット上でも画期的な条例案として評価する声が相次いでいます。

一方で、性的マイノリティーやヘイトスピーチの定義をシッカリと定めるべきだと指摘する声もあり、何処まで条例案として定めるのか賛否両論となっていました。

 

性的少数者差別やヘイトスピーチ解消に向けた都条例案 成立へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181004/k10011657491000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

再来年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて性的マイノリティーへの差別やヘイトスピーチをなくすための東京都独自の条例案は、3日夜、都議会の総務委員会で賛成多数で可決され、5日に成立する見通しになりました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!