新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

福島県「お米が風評被害で売れない」⇒県職員が営業販売へ!ふくしま売米隊を首都圏に


福島県のお米が予想よりも売れていないとして、福島県の職員らが首都圏で営業を行うことが分かりました。この県職員によって構成された営業販売部隊は「ふくしま売米(うりこめ)隊」と命名され、7人で各地の小売店に営業を行うとしています。

ただ、依然として各地で福島原発事故由来と見られるセシウムが検出されていることから、風評被害として汚染が無かったことになっているような見解には疑問の声も多いです。
無理な営業でも売れるとは思えず、ネット上でも批判の声が相次いでいました。

 

「特A」数日本一…なのに売れない 福島県職員が「売米隊」、風評打破へ首都圏に営業
https://www.sankei.com/region/news/181023/rgn1810230005-n1.html

 「特A」銘柄数で日本一を誇りながら、東京電力福島第1原発事故の風評被害で消費が伸びない県産米の販路を広げようと、県農産物流通課の職員7人が首都圏などの各小売店に営業をかける「ふくしま売米(うりこめ)隊」を結成、22日に出発式が行われた。 (内田優作)

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!