新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

いずもに搭載予定のステルス戦闘機F35B、40機態勢で運用へ 空母化改修のいずもと一体運用 


防衛省はステルス戦闘機F35Bを40機態勢で運用することを検討していることが分かりました。政府が今月中旬にまとめる「中期防衛力整備計画(中期防)」によると、まず最初に20機程度を導入した上で、空母化改修するいずも型護衛艦と一体運用するとのことです。

F35Bは垂直離着陸が可能で、軍艦の甲板からも飛び立つことが出来ます。いずも型護衛艦に複数のF35Bを搭載して、将来的には海外への派遣も視野に入れて、政府は導入を検討している可能性が高いです。

ただ、初の空母化ということで、これから艦載機の運用を巡っては色々と調整作業が難航することになるかもしれません。

 
↓ステルス戦闘機F35Bの離発着時

F35B、40機態勢へ 次期中期防では20機調達 空母化「いずも」と一体運用
https://www.sankei.com/politics/news/181213/plt1812130001-n1.html

防衛省は最新鋭ステルス戦闘機F35Bを約40機導入する方針を固めた。このうち20機程度を18日に閣議決定する新たな「中期防衛力整備計画(中期防)」に盛り込む。空母化改修する海上自衛隊の「いずも」型護衛艦と一体運用することで日本周辺海空域で軍事圧力を強める中国を牽制(けんせい)する狙いがある。複数の政府関係者が12日、明らかにした。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!