新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

韓国の国際観艦式、当日も欠席が相次ぐ!韓国は将軍象徴の旗を掲げて矛盾も!タイ等は軍艦旗で


10月11日に韓国の済州島で国際観艦式が行われ、最終的には当初の予定よりも遥かに少ない11か国の合わせて39隻が参加したと発表されています。

フィリピンは艦艇の到着が大幅に遅れ、マレーシアも参加を断りました。他にも中国が招待を断っており、カナダやシンガポール、タイなどは韓国の要請を無視する形で普通に軍艦旗を掲げていたところです。

また、韓国自身も駆逐艦に豊臣秀吉の朝鮮侵略と戦った将軍を象徴する旗を掲げ、ネット上で物議を醸しています。結果的には参加国が激減し、韓国が旭日旗を取り下げるために要請した軍艦旗の見直しも意味が無かったと言えるでしょう。

 

韓国 観艦式 秀吉と戦った将軍象徴の旗掲揚 当初説明と矛盾も
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181011/k10011667871000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

韓国は、11日行った国際観艦式で、ムン・ジェイン(文在寅)大統領が演説をした駆逐艦に豊臣秀吉の朝鮮侵略と戦った将軍を象徴する旗を掲げました。今回の観艦式には、海上自衛隊も艦船を派遣する予定でしたが、韓国が「旭日旗」と呼ばれる旗を掲げるのは認められないと伝えてきたため、派遣を見送った経緯があります。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!