新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

辺野古に土砂投入、埋め立て作業を強行!地元住民らは抗議運動をするも・・・ 玉城知事は国に猛反発!


12月14日午前に沖縄県名護市辺野古で、政府が辺野古基地の埋め立て予定区域への土砂投入を始めました。建設予定海域に土砂が投入されたのは初めてで、地元住民らは猛抗議しています。

玉城デニー知事は声明を発表し、その中で「県の要求を一顧だにせず強行したことに激しい怒りを禁じ得ない」と国の対応を猛批判。国に再び対応の見直しを要求するとしていますが、政府の方はこのまま工事を強行するとしています。

首相官邸や防衛省でも抗議デモが行われており、反対派の動きも今まで以上に活発化していました。今回の土砂投入によって、沖縄県の辺野古基地を巡る問題が新たな段階に突入したと言えるでしょう。

 

辺野古 埋め立て予定地に土砂投入はじまる
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181214/k10011746901000.html?utm_int=all_side_ranking-social_004

アメリカ軍普天間基地の移設計画で、政府は14日、名護市辺野古の埋め立て予定地の海に土砂の投入を開始しました。移設計画は浮上してから20年以上をへて、新たな段階に入りました。沖縄県の玉城知事は県民の意思を無視するものだとして強く反発する一方、菅官房長官は普天間基地の危険性を除去するためだとして理解を求めました。さらに岩屋防衛大臣は、普天間基地の2022年度の返還は難しいという認識を示しました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!