新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

韓国のレーダー照射問題、日韓の外交問題に!韓国も遺憾表明!「日本側が事実関係を明確に確認せず」

*韓国海軍
韓国海軍の艦艇が海上自衛隊の哨戒機にレーダーを照射した問題が波紋を広げています。日本側の抗議にして、韓国側は反論する形で遺憾表明を発表。12月24日に韓国外交部の金容吉(キム・ヨンギル)東北アジア局長は日本外務省の金杉憲治・アジア大洋州局長と会談し、「日本側が事実関係を明確に確認せず、メディアに公開したことについて遺憾を表明した」とコメント。
日本の認識が間違っているとして、これ以上の問題にするべきではないと反発していました。

今回の件では韓国の艦艇から5分以上も火器管制レーダーが照射されており、自衛隊機が緊急の回避行動を行ったと報じられています。ただ、韓国側は「レーダー照射していない」と反論している状態で、両者の意見は平行線状態です。

 

韓国 レーダー照射問題で日本に遺憾表明=「引き続き意思疎通」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181224-00000030-yonh-kr

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の金容吉(キム・ヨンギル)東北アジア局長は24日午後、ソウルで日本外務省の金杉憲治・アジア大洋州局長と会談した。
外交部の当局者は会談後、記者団に対し、韓国の艦艇が海上自衛隊の哨戒機にレーダーを照射したとされる問題を巡り、「日本側が事実関係を明確に確認せず、メディアに公開したことについて遺憾を表明した」と明らかにした。韓国側の遺憾表明に対し、日本側は特に反論はしなかったという。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!