新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

2018年の日経平均株価、終値20,014円で終了!7年ぶりに前年終値下回る!値下がり率は12%


12月28日に今年最後の取引が終わり、2018年の日経平均株価の終値が2万14円77銭で確定となりました。これは2017年の終値と比べて2700円余り安く、年間を通して終値がマイナスになったのは7年ぶりです。値下がり率は12%で、米中貿易戦争の激化による世界経済の不安定化や日銀の息切れ感などから下落が多い年になりました。

来年の日経平均株価は引き続き下落路線が続くと見られ、世界経済の不安定化が加速すると1万5000円台も割れるかもしれません。年末商戦で株価が上昇しなかったことから、世界経済にとっては暗雲が漂ったまま終わったと言えるでしょう。

 

日経平均株価
https://nikkei225jp.com/chart/

 

日経平均株価 去年の年末比で値下がり 7年ぶり
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181228/k10011762561000.html

東京株式市場は28日、ことし1年の取り引きを終え、日経平均株価のことしの終値は、去年の年末と比べて2700円余り安い2万14円77銭でした。日経平均株価が年間を通して値下がりするのは平成23年以来、7年ぶりです。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!