新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

韓国軍のレーダー照射問題、防衛省が証拠映像を公開!電波感知で警告呼び掛け 日本側の説明裏付け


12月28日夕方に防衛省が韓国軍の艦艇からレーダー照射を受けた瞬間の映像を公開しました。公開された映像には自衛隊の哨戒機から撮影された軍艦などが映っており、自衛隊の隊員たちが射撃管制用レーダーを表す「FC系出している」とか「FCコンタクト」などと呼び掛け合っていた様子が確認できます。
防衛省は日本側の説明を裏付ける資料の1つだとして、韓国にも事前に提供していると報じられていました。

ただ、韓国側は「単に哨戒機が旋回する場面と乗員たちの会話の場面があるだけで、追跡レーダーを調査したという客観的な証拠だとはいえない」として反発し、今も日本の主張と真っ向からぶつかっています。

 

韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2018/12/28z.html

 12月20日(木)に発生した韓国海軍「クァンゲト・デワン」級駆逐艦から、海上自衛隊第4航空群所属P-1(厚木)への火器管制レーダーを照射された件について、当該P-1において撮影した動画を防衛省ウェブサイトで公表しました。

 動画においては、海自P-1が、火器管制レーダーを一定時間継続して複数回照射されたとみられる場面や、海自P-1が当該駆逐艦から一定の高度と距離をとって飛行していること、また、海自P-1が当該駆逐艦に対して、「韓国海軍艦艇、艦番号971(KOREA SOUTH NAVAL SHIP, HULL NUMBER 971)」と英語で計3回呼びかけ、レーダー照射の意図の確認を試みたことなどが記録されています。

韓国軍のレーダー照射 当時の映像公開 防衛省
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181228/k10011762651000.html

自衛隊の哨戒機が韓国軍の艦艇から射撃管制用レーダーの照射を受けた問題で、防衛省は当時、自衛隊が撮影した映像を公開しました。映像は警戒監視のため外の様子を撮影したものですが、機内の隊員たちがレーダーの照射を受けたと報告する音声が収録されていて、防衛省は日本側の説明の客観性を裏付けるものだとしています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!